ナビゲーション

ホーム > ダイヤモンド・宝石買取 > 翡翠(ヒスイ)の豆知識&希少性

翡翠(ヒスイ)の豆知識&希少性

翡翠(ヒスイ)の種類
翡翠は昔から東洋(中国)、中南米(インカ文明)などでは古くから非常に人気が高く、今も昔も資産価値が非常に高いと言われており、金よりも珍重されています。

一般的に「翡翠」と呼ばれているものには、化学組成の違いによって「硬玉(ヒスイ輝石)」と「軟玉(ネフライト)」という2種類に分類されます。 簡単に言うと、硬いか軟らかいかの違いです。その違いは見た目では判別が難しいものです。

見た目は似ているのですが、中国以外の国では「軟玉」は宝石とはされず、半貴石とされいて、中国でも非常に安価で取引(販売)されています。 一方、「硬玉」は、色・透明感等にもよりますが、非常に高く買取・取引されています。

中でも「ロウカン」と言われているものはかなりの希少性があり、特に高価取引の対象になっています。 ただし、その中には、トリートメント(色の改善)など人工的に手を施している物は極端に価値が落ち、ほとんど価格が付かないこともあります。
なぜ翡翠は各国で人気があるの?
翡翠は、昔から不老不死・生命の再生をもたらすと信じられており、古代では遺体全体を玉で覆う事もありました。中南米の王族のお墓にもこのような処置が確認されています。

さらに中国では、先に説明させて頂いたように他の宝石よりも価値が高いとされていて、指輪、装飾品、器など、精細な彫刻を施した置物なども、作られ利用されていました。ニュージランド、アメリカではまじないの道具としても使われており、ニュージランドでは翡翠で作られた石斧まで出土されています。これは翡翠が非常に硬い性質を持つためです。

最近のところで言うと、北京オリンピックのメダルにも使われていました。 ちなみに日本ではエメラルドと同じ5月の誕生石として数えられており、「長寿、健康、徳」という意味があるとされています。

翡翠は他の宝石とは違い、非常に古い時代から重宝され、その歴史の深さから価値観も国によってそれぞれです。 この翡翠を奪い合う残虐的な歴史もあったとされる程ですから、人類の歴史と深く関わった不思議な宝石である事が分かって頂けると思います。

今現在でも海外オークションでは、えんどう豆のような小さな翡翠が一億円で落札されていたり、まだまだ極上品は眠っているとされています。

もしお客様がこれはどうかな?など翡翠の指輪などがございましたら是非ブランドラボに一度拝見させていただければと思います。
是非ブランドラボにお気軽にお問い合せ下さい。

店舗案内

大阪本店

店舗の様子
住所:
大阪市中央区道頓堀1-9-12 親和御堂筋ビル1F
TEL:
0120-12-7758(フリーダイヤル)
06-6214-7758
FAX:
06-6214-7759
営業時間:
AM11時~PM20時まで(年中無休)
最寄駅:
近鉄「なんば」駅、地下鉄「難波」駅 
地下鉄14番出口30秒!!
駐車場:
近隣パーキングあり 
※買取成立時(買取金額5,000円以上)駐車券提示で駐車料金1000円進呈
地図はこちら

大阪梅田店

店舗の様子
住所:
大阪府大阪市北区芝田1-10-8 山中ビル1F
TEL:
0120-12-7758(フリーダイヤル)
06-6359-7758
FAX:
06-6359-7759
営業時間:
AM11時~PM20時まで(年中無休)
最寄駅:
地下鉄梅田 徒歩5分
駐車場:
近隣パーキングあり
※買取成立時(買取金額5,000円以上)
駐車券提示で駐車料金1000円進呈
地図はこちら

大阪天神橋店

店舗の様子
住所:
大阪府大阪市北区天神橋5-8-24
TEL:
0120-12-7758(フリーダイヤル)
06-6356-7758
FAX:
06-6359-7759
営業時間:
AM11時~PM20時まで(年中無休)
最寄駅:
地下鉄「天神橋筋六丁目」駅 12番出口から徒歩1分
駐車場:
近隣パーキングあり 
※買取成立時(買取金額5,000円以上)駐車券提示で駐車料金1000円進呈
地図はこちら

三ノ宮店

店舗の様子
住所:
〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1-8-1
さんプラザ1F 116号
TEL:
0120-59-7758(フリーダイヤル)
078-599-7758
FAX:
078-599-7759
営業時間:
AM11時~PM20時まで(年中無休)
最寄駅:
JR「三ノ宮」駅、阪急電鉄「三宮」駅、
阪神電鉄「三宮」駅、神戸市営地下鉄「三宮」駅
駐車場:
さんプラザ内有料駐車場あり
※買取成立時駐車券提示で駐車料金1000円進呈
地図はこちら

PAGE TOP